イズモコバイモ

3月中旬(山麓)~4月上旬(大江高山など)

イズモコバイモはユリ科の草本で、3月~4月上旬に釣り鐘型の小さな花をつけます。
まだ肌寒い春先に花を咲かせるため、春の妖精とも呼ばれています。
「イズモ」の名を冠するとおり、島根県で発見された植物で、自生する場所は県内だけです。
中でも川本町にあるイズモコバイモの自生地は、数千もの花が咲く代表的な群生地です。
場所が道路沿いにあり手軽に花が見られることから、毎年多くの愛好家が訪れます。