オキナグサ

4月上旬(花)~5月上旬(実)

「オキナグサ」は、ススキ草原などに生育する草丈約20センチの植物で、葉も花茎も薄い毛でおおわれ、全体が白くなります。
4から5月になると、鐘形のエンジ色の花を下向きに咲かせます。
花が終わると、白く長いひげを持つ種がたくさんできるのですが、この様子を白髪頭の翁(おきな)に見立てて、「翁草」の名が付いたといわれています。
県内での生育地は、放牧や採草など管理された草原の減少や園芸用の採取などによって徐々に減り、絶滅が危ぶまれている植物の一つになっています。